小名木川物語について

「まちの映画を、まちの人で撮ろう」

「小名木川物語」の製作は、東京・深川(江東区)にあったイベントスペース&ブックカフェ「そら庵」を拠点として、深川で活動する有志やアーティストがスタッフ、キャストとして携わりました。2013年春から2016年にかけて撮影。撮影開始から4年後の2017年春に一旦完成とし、試写会を10数回開催しました。そしてさらに手直しを行い、2019年に最終完成となりました。完成までに江東区の関連施設・団体を含む多くの方にご協力いただきましたが、完全な自主映画として製作しました。監督を務め、3分の2近くの撮影を行ったのは、深川で生まれ育った写真家の大西みつぐです。

本作はドキュメンタリーの要素もありますが、オリジナル脚本による劇映画です。
スタッフのほとんどが、本格的な映画製作に携わるのはこれが初めてでした。また深川のまちで実際に商店や工場を営んでいる方々に、「本人役」としてご出演いただきました。二人の主演、徳久ウィリアムは特殊発声を専門とするボイスパフォーマーとして、伊宝田隆子は美術家、身体表現者として活動していましたが、俳優は初挑戦でした。

ですが「まちの映画を、まちの人で撮ろう」というコンセプトで、あえて地元深川でのつながりや個人的な信頼関係にこだわってキャスティングを行いました。ただ製作期間が当初の予定より長くなったこともあり、趣旨に賛同いただいた俳優諸氏にも参加いただきました。

撮影開始から第一次完成までの4年の間に、当初の構想よりもドラマの比重が大きくなるなど、試行錯誤と仕切り直しを繰り返しましたが、未知数の作品に快くご出演、ご協力くださいました方々のおかげで無事完成を迎えることができました。

作品の設定は2014年。東日本大震災を福島で体験した主人公は、10年ぶりに故郷の深川に帰ってきます。10年前の悲しい記憶を抱えつつ、「川の町」に暮らす人々との再会や新たな出会いを経て生きる力を取り戻していきます。深川の四季折々の行事や、人々の暮らしも合わせて描かれています。

小名木川は、隅田川と旧中川を結んで東西にまっすぐ流れる川。徳川家康が江戸入府後、最初に開拓させた人口の運河です。東北や北関東などの物資の輸送路となり、長い間重要な役割を果たしてきました。

深川は現在の江東区西側の森下、清澄白河、門前仲町辺りです。400年余りの歴史があり、時代小説の舞台にも多く取り上げられていますが、関東大震災、東京大空襲と二度の大きな災厄に見舞われ、建物や資料の大半が失われました。しかし深川に居を構えた松尾芭蕉をはじめ、この地を行き交った人々の足跡は色濃く残り、材木問屋や漁師、職人らによって町のカラーが形成されました。

また江戸三大祭りの一つ「深川八幡祭り」など、神輿の巡幸を行う夏祭りは各町を主体として今に続き、長くこの地に住む人には、江戸以来の気質が受け継がれています。近年は、東京都現代美術館のある清澄白河エリアを中心に魅力ある個人店が増えて、散策や観光の人気スポットにもなっています。新旧さまざまな特色があるのが深川です。

本作では、小名木川以外の川もいくつか登場します。この地に住む者にとって縦横に張り巡らされた運河や橋は、日々の生活の一部であり、心の拠りどころとなっています。

2017年の試写会開催時には、地元深川ではホール会場以外にもカフェや小学校などで、また作品に登場する足立区千住ではお寺の本堂で上映させていただき、のべ千人近くの方にご来場いただきました。まちの方に温かいご支援をいただき、近隣各地からもご来場いただいたことは私達にとって大きな喜びとなりました。

しかしその年の7月、プロデューサーの東海亮樹が急病のため永眠しました。製作の原動力だったプロデューサーを失い、その後に予定していた計画がすべて休止となりました。
生前から、音声など一部の手直しを行って再公開したいと話し合っていたため、翌2018年からスタッフが協力してリマスターの制作に着手。完成後に再び上映会を複数回開催しました。新たに多くの方に観客となっていただき、感慨ひとしおでした。

その他、2018年にサウンドトラックを制作、発売し、19年には英語字幕版を製作しました。

川の流れのように、時は否応なく流れ、ずっと一緒にいた人がいなくなり、本作のロケ地についても、今はもうない場所がいくつもあります。2021年現在は新型コロナウィルスのため、映画に登場する行事がほぼすべて中止となっています。

ささやかな作品ですが、そこには「当たり前のように過ごしていたあのとき」が詰め込まれています。決して「町おこし」を目的とした作品ではありませんでしたが、「もう一つの東京」である深川、江東地域のまちや文化、そこに暮らす人たちへの思いを深めていただけたら大変嬉しいです。また、お住まいのまちや故郷、これまでに親しんだ川のことに思いを馳せていただく時間になるかもしれません。

いずれまた「リアル」上映会をぜひ開催したいと思っていますが、それまでの間、他のご鑑賞方法も検討しています。お知らせをお待ちいただけますと幸いです。
                       2021年5月 「小名木川物語」製作委員会