5月10日:竹問屋さんでの撮影

江東区常盤一丁目の竹問屋「伊東屋商店」さんで、5月10日に撮影を行いました。大西監督のスチル写真です。

進(徳久ウィリアム)
進(徳久ウィリアム)

主人公、進を演じる徳久ウィリアムさんです。
当日は風が少し強かったですが青空が広がりました。
黙々と作業する進の姿をカメラに収めました。
伊東屋商店さんの創業は約180年前の天保年間です。明治2年に日本橋から深川常盤に移転。店の西側に昭和26年まで六間堀という水路があり、当時はいかだで荷下ろししていたそうです。敷地内には全国から集められた竹が2千本以上。祭りや市、門松、垣根などさまざまな用途にこたえるため、色や太さなどが異なっています。竹を軽々と持ち運ぶ社長さんや工員のみなさんが格好良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です