【小名木川物語の世界1】笙・筝・声

本作では何ヶ所かで、「笙・筝・声」または「笙・筝」の旋律が流れます。どれも水辺や水を象徴しているシーンです。

演奏は笙・日比和子、箏・紅雪(今西玲子)、ヴォーカル・行川さをりのお三方。作曲は、予告編で流れているテーマ曲と同じく、音楽監督の岡野勇仁です。非日常へといざない、心の奥底を映し出すような透明感に満ちたサウンドは、『小名木川物語』の大きな魅力となりました。

昨年2017年7月17日、千住・安養院で行われた上映会では、上映の前に「笙・筝・声」トリオの生演奏がありました。当日、笙は日比さんに代わって大塚惇平さんにご出演いただき、素晴らしい演奏を披露いただきました。ご来場くださいました多くのお客様にも楽しんでいただけたことと思います。

このトリオが2月10日夜に深川のスペースでワンマンコンサートを開催します。『小名木川物語』の曲も予定されています。直前のお知らせとなりましたが、ぜひ生で聴いていただきたいです!詳細は、以下の千住の写真(スタッフ撮影)の続きをご覧ください。

2月10日(土)
『春の沙庭』-笙・筝・声-
出演:大塚惇平(笙)紅雪(筝)行川さをり(声)
open:18 :30 start:19:30
料金:前売 2,500円(+1drink)当日 3,000円(+1drink)
会場:chaabee
〒135-0032 東京都 江東区福住1-11-11  080-5409-5099
前売り予約:chaabee11111@gmail.com までお名前、人数をご記入の上お送りください。
chaabee からの返信メールをもってご予約完了とさせていただきます。

日本の伝統楽器、笙と筝、たおやかな声で紡ぐ四季折々の物語。
沙庭(さにわ)とは神様を祀って神事を行う清らかな場のことです。
飛び石のように配された和歌が転換装置となって一曲毎に夢とも現とも知れぬ景色へと誘います。
今回はオリジナル曲の他、藤枝守作曲『般若心経』を笙箏声の編成にて初演する他、紅雪・行川が参加した地域ゆかりの映画『小名木川物語』収録曲も演奏させていただきます。

(以上、紅雪さんのサイトより一部転載しました。サイトにはお三方のプロフィールも掲載されています。)http://soundquest.exblog.jp/26405183/

2016年夏に行われたレコーディング風景です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です