深川の春:小名木川、大横川

小名木川・高橋近く

こんにちは。しばらく更新が滞って申し訳ありませんでした。ようやく春を迎えたと思ったら、季節外れの暖かさで東京は桜が一気に満開となりました。大西みつぐ監督ではなくスタッフの撮影ですが、川のまち・深川の春の風景をご覧ください。『小名木川物語』を既にご覧いただいた方には、映画のシーンを思い出していただけることと思います。最後に、映画に登場する和船に乗船できるイベント情報を掲載しています。

小名木川・高橋近く(3月28日)
新小名木川水門

一つ前の写真の花見船は、この水門から小名木川に入ってきました。水門のすぐ後ろ(西側)が『小名木川物語』でたびたび登場する萬年橋で、その後ろが隅田川です。

お江戸深川さくらまつり(大横川・門前仲町)

こちらは門前仲町の大横川。「お江戸深川さくらまつり」期間中の土日、和船や動力船の運航があります。撮影は4月1日。桜は早くも散り始めていましたが、まだこの通り綺麗でした。和船なくして『小名木川物語』はありません。撮影の際、スタッフとして同乗したときの心地よさが忘れられません。桜は終わりますが、今週末4月7日8日の土日、そして11日(水)も、「和船友の会」のみなさんが引き続き会場で操船します(受付は9:30~14:30)。黒船橋乗船場です。詳細→さくらまつり公式サイトの「船に乗る」

この日は「花嫁舟」も出ました。橋の上からたくさんの人が祝福。深川の春爛漫でした。

(すべてスタッフの撮影です。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です