12月2日(日)15時開演/師走の門前仲町chaabee上映会、ご予約受付中です!

11月13日追記:予約満席となりました。この後はキャンセル待ちとなります。

なお、同じ日の午前11時からの追加上映が決定しました。この次の投稿(NEWS)をご覧ください。

———————————————————

2018年秋から冬にかけての上映会、4回目として12月2日日曜日15時から、門前仲町のスペースchaabee(チャービー)にて上映会を開催します。上映終了後に主演の徳久ウィリアム、そして江東区出身で助演の俳優・佐藤美佐子のご挨拶とトーク、そして特殊発声のボイスパフォーマーである徳久のミニライブを行います(大西みつぐ監督はこの日は不参加となります。あらかじめご了承ください)。二人のプロフィールを文末に掲載します。

「進」役、徳久ウィリアム(撮影:大西みつぐ)
「真由美」役、佐藤美佐子(撮影:大西みつぐ)

chaabeeは元鉄工所をリノベーションしたスペース。20人ほどで満席となりますので、早めのご予約がおすすめです。定員に達しますと受付を終了し、当日受付も行いません。

年内最後の上映となります。2019年も引き続き上映会を企画予定ですが、10月2日現在で決まっている上映会はこれが最後となります。ご予約をお待ちしています!

【師走の門前仲町chaabee上映会】

12月2日(日)14:00開場 15:00開演

第1部 『小名木川物語』上映(上映時間:93分)
第2部 トーク&ミニライブ
出演:徳久ウィリアム(主演)佐藤美佐子(助演)ほか
17:20終了予定

上映終了後に主演・徳久ウィリアムと助演の俳優・佐藤美佐子のご挨拶とトーク、
そしてボイスパフォーマーである徳久のミニライブを行います。

会場:chaabee(チャービー)
東京都江東区福住1-11-11(門前仲町駅より徒歩7分)
https://www.facebook.com/Chaabee-1591663487794135/?fref=ts

料金:2,000円(1ドリンク付き)
お支払いは当日お願いいたします。

定員:20名(全席自由)

ご予約方法:
お名前、電話番号、枚数を「小名木川物語」製作委員会まで
ご連絡ください。
メール onagigawa.monogatari@gmail.com
電話 090-7247-7488 (10時~19時)

 

[第2部出演者プロフィール]

徳久ウィリアム: ブラジル出身。2016年まで江東区砂町に4年間在住。ホーメイ、オルティンドー(モンゴル民謡)といった中央アジアルーツの歌唱法と独自の”ノイズ声”をベースに、多様な声の表現の可能性を探るボイスパフォーマー。これまでの共演者は、坂田明、灰野敬二等多数。

佐藤美佐子: 東京都江東区出身。俳優。『芍薬の歌』浅丘ルリ子特別公演(帝国劇場 東宝 1996年)にて初舞台。商業演劇大劇場公演、児童劇小学校全国ツアー、小劇場、プロデュース公演、そして大衆演劇など、ジャンルの枠を自由に飛び越え、ストレートプレイ、時代劇、音楽劇など多岐に渡り活動。『小名木川物語』完成披露上映会では司会を務めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です